プレスリリース  2017年6月9日  
    プレスリリース  
    プレゼンテーション資料  
   山形から宇宙へ -From YAMAGATA to the space -                              
   超小型衛星向け高感度カメラ「WAT-078H」を発表
-ワテック製品を通じて宇宙開発コストの削減に貢献-
 
       
     
  高感度カメラ「WAT-078H」 製品サイズ:45mm×45mm   
  ワテック株式会社(代表取締役 五十嵐重人、以下ワテック)は、人工衛星への搭載を想定した小型高感度カメラ「WAT-078H」を7月31日より受注を開始いたします。  
  「WAT-078H」は、宇宙空間での衛星モニタリングや惑星の地表観測など、幅広い用途での活用を想定しております。ワテックは、カスタマイズ性の高い汎用カメラモジュールの提供によって、プロジェクトごとに行われていたカメラの開発負担を軽減し、人工衛星開発のコスト削減に貢献致します。すでに複数の超小型衛星プロジェクトでの採用が決定しており、今後も拡販に向けた活動を加速していきます。  
   <主な特徴>
  ・宇宙での運用に適した高感度CCDセンサーを採用
  ・産業用部品の流用による低コストを実現
  ・自社設計資産を活用した柔軟なカスタマイズ対応が可能
   汎用性の高いカメラモジュールの供給により、これまで個別に行われていたカメラ開発コストを削減し、人工衛星
    の開発負担を軽減します。
 
         
   <想定されるアプリケーション> 
  ・宇宙探査機への搭載
  ・宇宙空間での衛星モニタリング、惑星の地表観察
   「WAT-078H」搭載予定 超小型衛星「DIWATA-2」  
     

「DIWATA-2」のモデル図 提供:東北大学
 
   ワテックでは、これまで培ったカメラ開発の経験を活かし、山形県の企業として社会の発展に貢献していきます。  
   本件に関するお問い合わせ窓口
 
   ワテック(株) 東京営業所
 〒101-0021 東京都千代田区外神田5丁目5番10号 O.Kビル 7F
 TEL:03-6806-0200  FAX:03-6806-0399  Email:info-d@watec.co.jp >>お問い合わせフォームへ  
 
     
 このページのトップへ
プライバシーポリシー サイトのご利用について  copyright©2016 Watec Co., Ltd. all rights reserved.